ハオ丸陰陽堂弐号店幻さん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- trackback(-) comment(-)

梅鶯毒


銘刀 梅鶯毒 梅鶯毒
銘 國徳
作日 1206年(建永元年)
刀剣の分類 彎刀
日本刀の分類 打刀
刀身 二尺五寸
造込 鎬造
説明
庵棟、華表反高く、踏ん張りがあり、中峰となる。
豪壮にして華麗なる作風で名をはせ、古今に並ぶものがないといわれた鎌倉時代の刀匠國徳が、齢百をこえ、生涯最高の刀を作り上げるべく、残された精魂をすべてそそぎこんだ名刀にして、妖刀。
断食をおこない、水すら口にせず体を浄めた國徳は、霊峰富士にこもり、1年もの間不眠不休でこの刀を鍛えあげた。それゆえこの刀のできは、神懸かりなまでに美しく妖しく、一目見た者の心を激しく揺さぶり、正気を失わせる。
最初の犠牲者は、作者國徳自身であったという。山にこもって3年、一向に下りてくる気配を見せない師匠國徳を心配して、様子をのぞきにいった弟子を待っていたものは、むせるような死臭と幾千ものしゃれこうべ、そして梅鶯毒を我が子のように抱きかかえ、呆けた笑みを浮かべる國徳の変わり果てた姿であった。
その後、この梅鶯毒は、持ち主を転々と変えていくのだが、そのいき先で様々な凶事を引き起こし、妖刀として人々に恐れられた。



スポンサーサイト

2006.11.15 trackback(0) comment(0)

comment

comment post













trackback

trackback URL
http://inyoudou.blog83.fc2.com/tb.php/17-04db64df

top
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。